ドイツ鉄道1人旅〜ロマンチック街道をゆく〜

ジャーマンレイルパスの使い方

「ジャーマンレイルパス」について
ジャーマンレイルパスは、ドイツ鉄道(DB)でが乗り放題になる鉄道パスです。近郊列車のSバーンも利用できます。オーストリアのザルツブルグ、スイスのバーゼルバード駅も通用範囲です。ジャーマンレイルパスには、特急・急行料金も含まれているので、国際特急のEC、国内特急のIC、高速列車ICEにも予約なしで乗ることができます。なお、ハンブルク〜ケルン、ベルリン〜ケルン、ミュンヘン〜フランクフルト間を運転しているICESprinterは、全席指定なので座席指定券が別途必要になります。

ジャーマンレイルパスは旅行代理で購入します。現地では買えないので必ず日本で購入しましょう。また、発券には時間がかかりますので早めに手配しましょう。
「レイルヨーロッパジャパン」は対応が早いのでおススメ。
>>>レイルヨーロッパジャパンドイツ鉄道チケットとパス

ジャーマンレイルパス6日用(2等)使用後 1999年

こちらはジャーマン&ベネルクパス6日用(2等)使用開始 2006年

■レイルパスの使い方:

最初に、現地の駅窓口で使用開始手続きをする必要があります。これをヴァリデートといいます。
First
:使い始める日付
Last:有効期限(1ヶ月後)の日付が記入されます。
Passport #:パスポートNO
DayMth使う日を自分で記入します

※フレキシータイプなので、連続した日付でも飛び飛びでもかまわないためこういう仕組みになっています。私は6日間連続で使いました。
※予約が必要な列車や寝台料金などは別途費用がかかります。予約時にこのパスを提示して予約し、追加料金を支払います。
※予約が必要な列車に予約なしで乗ると罰金がとられますので注意しましょう

フランクフルト空港駅の窓口 エスカレーターを降りて駅に面して右手にあります。ヴァリデートはこちらで行います。手続きは簡単。英語が苦手な私でも問題なしでした。
フランクフルト空港駅のホームに入ってきた列車。2006年


フランクフルト中央駅/1999年