ベトナム中部(ダナン・ホイアン・フエ)個人旅行の記録2013【マタタビ】

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

ダナン空港からホーチミンへ

フエ郊外のヴェダナラグーンリゾートに滞在中の私たち庶民夫婦。
ベトナム中部の旅は今日までで、午後のフライトでホーチミンへ発ちます。



ホテルからダナン空港までは距離にして約65キロ、時間にして車で約1.5時間ほどかかります。移動方法は限られていて、一番安いのはメインロードまで出た後ローカルバスを利用する方法なのだけど、さすがにそれはちょっとリスク*があるし大きい荷物もあるので、今回は無難にホテルの有料送迎サービスを利用することにしました。1回の送迎US$75(約7500円)と高めなのだけど、タクシー呼ぶにもホテルの場所が僻地なので時間がかかるようだし、確実に時間通りに空港につく一番リスクの低い手段なので必要経費と認定。事前にホテルにメールして予約しておきました。時間の限られた個人旅行ではこういった”備えあれば憂いなし”があてはまる事象が多いです。
ちなみにこれら移動に関する情報はすべて口コミ情報等を元にしてます。情報を集めるのも結構時間がかかる作業ですがトリップアドバイザーとかほんと助かります。
*ここでいうリスクとは、時間通り動けるかとか、ちゃんと乗れるかとか、料金をぼったくられないかなどのこと

利用するのはベトナム航空1317便、ダナン空港15:15発ホーチミン行き。
ベトナム航空は遅延や欠航、さらにオーバーブッキングなどが多いと聞いていたので、予防線として昨晩オンラインチェックインを済ませました。アイフォンでも問題なくできた。


ホテルを12時にチェックアウトし、12:20ホテルの送迎車に乗り込み出発ました。ミネラルウォーターとおしぼりのサービス付き。お水は飛行機に持ち込めないので飲んじゃわないと。
ドライバーさんがかーなーりー安全運転な方で、悪く言うと必要以上にノロノロ運転で(車の問題か?)さらに峠道のベトナム名物、”過積載車両渋滞”にも度々遭遇し、ほんとに間に合うのかなと不安になりつつ、なんとかダナン空港に到着したのは13:50。


3日前にここダナン空港に初めて到着した時は、暗雲立ち込め雷が轟きなんとも先行き不安になったけど、晴々した空の元の近代的な空港はかなり印象が違いますネ。

13:50チェックイン。
フライト時間の1時間半前というけっこうギリギリ感のあるチェックインでした。ベトナム航空では国内線とはいえ、荷物検査等に時間がかかるので2時間前を推奨しているからハラハラしたのだけど、事前オンラインチェックインも済ませていることもあってかスムーズにボーディングパスを受け取りました。
ホッとした。


出発まですこーし時間があったので、出発ゲートに進んでから空港内を散策。並ぶお土産屋を見て回りました。ここにくるまで一度もゆっくり買い物できていないのでお土産を買うチャンス。あまり使う機会のないUSドルとかベトナムドンとか現金を使っちゃいましょう。ベトナムコーヒー(インスタント)などを購入しました。
そうそう、なかなか使う機会のなかったUS$はここダナン空港の両替所で一部をベトナムドンに変えてしまいました。W両替は手数料が2回かかってもったいないのは承知のうえ。

友人に頼まれていたアオザイもここで発見して無事ゲットできました。既製品でズボンもセットになっているアオザイが39USドル(空港はドルでもドンでもOKでした)とお手頃価格。
▼空港にあったアオザイを売るお店


ベトナム航空1317便15:15発は、ほぼ定刻通り出発。
快晴の元、一路ホーチミンへ。



次回は「ホーチミンナイト★」です。

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ