ベトナム中部(ダナン・ホイアン・フエ)個人旅行の記録2013【マタタビ】

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

バリューエステ3時間1万円

ベトナムは日本に比べて物価が安い。
ということはエステも安い。

日本では高くて数カ月に一回やるかどうかのエステを、物価の安いお国でやらない手はないのである。
ちなみに私はエステに「美しくなること」を求めているのではなくて、あくまで「一時的な癒しタイム」と割り切っている。
そして滞在しているヴェダナラグーンリゾートホテルはSPAエステ施設も売りのホテル。



5/4この日は午後のフライトまで予定を入れていない完全フリータイムにしたので、この時間を利用してエステに突撃です=3 いえいいえいGOGO

ヴェダナラグーンリゾートのSPA公式サイト



部屋にあったエステメニューをみると、さすが高級ホテルだけあってベトナムの物価を考えるとちょっと高い料金設定。

フェイシャルorボディ
60分 9,90,000ドン(¥4700)
90分 1,490,000ドン(¥7100)

1時間程度のメニューよりはがっつり2-3時間セットコースのほうがお得。

ヴェダナセンセーション
120分 1,700,000ドン(¥8000)
オリエンタルエクスペリエンス
135分 2,000,000ドン(¥9500)
コンプリートデトックス
160分 2,200,000ドン(¥10500)
アロマセンセーション/トランキュリティ/ベトナミーズブリス
180分 2,600,000ドン(¥12400)
ヴェダナアルティメットエスケープ
240分 3,500,000ドン(¥16700)

日本なら1時間6000円なのでやっぱ安いです。
そして申し込んだのはボディとフェイシャルがセットになった「コンプリートデトックス」160分コース★

むふ

予約したのは9時。ホテルレストランでの朝食を終えその足でSPAエリアへ向かいました。
SPAエリアはレストランのさらに先のほう、半島のほぼ先端にある、水上バンガロー仕様です。



けしからーん!(≧▼≦*)

中心のバンガローがフロントになっていて、左右にそれぞれ2室づつバンガローが建ち並んでおり、これが施術室。1人1バンガロー。なんたる贅沢。オープンエアテラスバンガローではヨガプログラムが開催中でした。


広さはホテルとして使っている部屋とほぼ同じ。各バンガローにはトイレとシャワールームもあり、部屋の中心にバスタブ。バスタブを挟んで左右に施術ベッドが置かれている。



最後にいただいたのはジンジャーティと洋ナシ



ツイッター「13:44 水上バンガローでエステ3時間コース、魂が浄化され昇天したす」


だから旅は止められない。

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ