ベトナム中部(ダナン・ホイアン・フエ)個人旅行の記録2013【マタタビ】

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

ラグーンの夜明け

・・・その光景に、胸がはちきれそうになった。



「今死んでも人生に悔いはない」

そう思える瞬間、それがあるから、私は何度も旅をする。



旅4日目の朝。フエ郊外のホテルヴェダナラグーンでの一夜が明けた。
早朝5時過ぎ、バンガローのテラスから見えるのはだんだん明るみ始めるラグーン。
太陽が昇る前に、私はカメラを持ってバンガローをそっと抜け出した。
旅先で日の出を見るのが好きだから、どんなに眠くても起きられる。

ラグーン対岸の山々から徐々に顔を出し始める太陽を追うように、カメラを構えてラグーン沿いの道を早歩きで歩いた。



太陽が、もう間もなく顔を出す。
その瞬間をとらえたい。



とらえた。

ヤシの葉フレームが写真に奥行を与えてくれる。



太陽が昇り、水上バンガローのコントラストが際立つ。



”このタイミングで撮影するなら、きっとあそこがいい”
太陽が昇り切ってしまわないうちに急がないと。
半島の先端方面へ足早に向かった。
半島の先端にはプールがある。
プールが鏡のようになって、ラグーンと太陽を反射するはず。

そして撮れたのが冒頭にも置いたこの写真。




ラグーンの夜明け。
フエの一日が動き出す。



先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ