ベトナム中部(ダナン・ホイアン・フエ)個人旅行の記録2013【マタタビ】

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

広大すぎるヴェダナラグーンリゾート

9時にホイアンを出発した私たちはフエ方面へと向かいました。目的地はフエ市内ではなく、フエ郊外にあるホテル「ヴェダナラグーンリゾート」。今夜の宿です。宿をここに決めたのは、"ホイアンからそう遠くなく、フエ観光もでき、翌日ダナン空港に行くのに大変都合が良かったから" というのに加え、何よりもホテル自体がとんでもなくすばらしかったから。(このホテル決定に至る経緯についてはこちらの記事)条件がパーフェクトすぎて震えた。この辺りは観光地という訳ではなく何もないところなのでホテルがあるのが不思議なくらいな場所なのに。

▼位置関係マップ
A ホイアン B ヴェダナラグーンリゾート C フエ市内

大きな地図で見る



ホイアンを出発し、ダナンのビーチを眺め、ハイバントンネルを抜け、渋滞の峠を越え、ランコー村を通りすぎ、黄色い液体を売る露店がたくさん出現したり、公道で穀物を広げて干していたりする風景が見え始めた頃「ヴェダナラグーンリゾート」の看板を発見。メイン道路から右へ細道を曲がりました。すれ違うのもやっとな舗装されていないジャングルロードをがたがた進みます。どっひゃーこんな僻地にあるのかね。わくわくしちゃうではないか。

ジャングルロードが途切れ素朴な風景の湾に突き当たったところで左折。
湾にそって舗装された細道を進むと正面に建物が見えてきました。ゲートを抜けると身長以上ある大きな壷が立ち並ぶ不思議なエントランス。なんともエキゾチックな雰囲気。
そしてロータリーで車が止まりました。どうやら到着したもよう。
車を降りると目の前にそびえるフロントロビーの建家。

ドーン

階段を上るとカウンターは遥か遠く
突き当たりには謎の木彫り。

こちらがチェックインカウンターのもよう

広い・・・。そして静か。まるで美術館にでも来たかのようです。

チェックイン手続きはソファに座って行いました。
なんともセレブな対応。
ウエルカムドリンクと冷えたおしぼりを頂きました?

今回このホテルの予約はエクスペディアさんを通して行いました。部屋のカテゴリーはいくつかあって、陸上バンガロー(シャレーともいう)、水上バンガロー、スイートとある中から、ちょっと奮発して”水上バンガロー”をチョイス。あこがれの水上バンガローにまさかベトナムで泊まれるとは。しかも一泊一部屋朝食付きで15000円ほどなので一人当たり7500円。庶民でも十分手の届く価格。

□ ホテルの詳細や予約:ヴェダナ ラグーン リゾート & スパ[Expedia] 

 時間は12時。チェックインをすませたところで、まずはホテルレストランでランチをとろう。荷物は部屋に運んでくれるとのことで預けてレストランに案内してもらいました。
フロントロビーを出ると待っていたのはこのカーゴ。

レストランまではカーゴで乗せていってくれるそうです。
それもそのはず、レストランはものすごい離れているんです。

▼このラグーンに突き出た半島の手前側(ベッドマーク)にフロントロビー建家、先端部分にレストランがある。その間にずっとバンガローが建ち並ぶ。

より大きな地図でベトナム旅2013を表示


遠いいでしょΣ(°□°;;)

レストランはこの道の遥か先・・・。


この建物二階がレストラン。

プールと海が見えるテラス席に案内してもらいました。
素敵。

アイスティもザ・リゾート仕様

ベトナム料理に舌鼓。



大満足?。
ベトナムの物価から考えるとちょっとお高めのリゾート価格。
でも日本に比べれば、まだ安いです。


動画:広すぎるヴェダナラグーンリゾートを自転車で端から端まで走ってみた。約3分。

(つづく)



先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ