ベトナム中部(ダナン・ホイアン・フエ)個人旅行の記録2013【マタタビ】

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

本日の観光予定とトラブル

昨晩、ベトナム中部の都市ダナンに到着し、一夜が明けました。今日から本格的な観光スタートです。
本日のメインは「世界遺産の街ホイアンとミーソン遺跡」。ダナンから車で30〜60分の距離にあります。それにおまけしてダナンの「五行山」を予定に入れました。
滞在しているダナンの街はさほど有名なスポットはなく、あくまでホイアンへのゲートシティとという認識だったのだけど、折角来たのだしどこかひとつくらい見るのもいいだろうと思って。それが五行山。滞在しているサンデービーチリゾートホテルからもすぐそこというのも都合がよかった。
 ところでベトナム中部には公共交通機関というものがないので個人で効率よく動くのは簡単ではありません。ここには地下鉄も路線バスもないのです。
その代わり各種のオプショナルツアーが現地の旅行会社によって催行されています。しかし「ホイアンとミーソンと五行山を1日でめぐる」なんて私都合なツアーは存在しません。。。「ホイアンだけのツアー」とか「ホイアンとミーソン」とか「ダナン市内観光」など個別には存在するのだけど。
そこで手配したのが「専用チャーター車&日本語ガイド」です。これなら行きたいところだけに行きたいだけ行くことが可能。ツアーよりは少し割高になりますが、それでも物価の安いベトナムなので1人US$95x2人でUS$190(約19000円)。参考までに東京で1日(8h)車をチャーターしたらいくらかというと30000円以上します。これは車+運転手だけですが、ベトナムではさらに観光ガイドさんもついて19000円だからやはり安い。

 予約時に伝えた出発時間(お迎えの時間)は9:30。それまではホテルでのんびりしよう♪せっかくのオンザビーチのリゾートホテル、プールや海を楽しみたいではないですか。時間の融通がきくチャーター車にしたのは、この”のんびりリゾートタイム”のためでもあった。ほとんどの観光ツアーは朝の出発時間が早いのです(7時とか8時とか)。
ところが。ここでちょっとしたトラブル発生。

朝食&散歩から部屋に戻り水着に着替えていると、部屋の電話が鳴りました。オット君が対応する。電話の相手はガイドさんでホテルのフロントからの内線だった。
フエに行くとか行かないとか、ガイドさんが言っていることの話がどうもみえてこない。らちが明かないのでオット君がフロントへ出向いた。しばらく待っていたけれど、なかなか戻らないのと思い当たることがあったので私も追いかけるように部屋を出てフロントへ向かった。そして判明したのが、予約手配をお願いした業者さんから催行会社へちゃんと情報が伝達されていなかったことが判明。
ガイドさんがオフィスに確認をとったりなんだりしている間、無駄にフロントで待たされ時間が過ぎる。。。ああ、私のリゾートタイムが・・・。
機嫌が悪くなるいくら。それを見て連動するように機嫌が悪くなるオット君。夫婦は鏡。
情報が間違って伝えられていたことはガイドさんも確認でき、とりあえず解決には至ったがもうすぐに出発の時間だ。
せっかく水着に着替えたのに悔しいから部屋に戻る途中プールに飛び込んだ。
ざぶーん。

とりあえずクールダウン。

部屋に戻り荷物をまとめ、ホテルをチェックアウト。アジア地域のホテルチェックアウトは時間がかかる。というのは退出後の部屋に問題がないかをスタッフがチェックするため。備品の盗難とか、多いのかなぁ。

時間は9時半。気を取り直して一路、五行山へ出発です。
GOGOGO!

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ