バリ島1人旅4日間 BALI SingleTravel【マタタビ】

先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

上海6時間トランジット1〜リニアモーターカー〜

8月15日(木曜日)
成田空港を出発して飛ぶこと約3時間、現地時間13時に上海空港に到着しました。(日本との時差はマイナス1時間)ここで乗り換えてデンパサールに飛びます。しかしデンパサール行きの便(MU5029)は21時出発なので8時間もあります。2時間前の19時に空港に戻るとして猶予は約6時間、たっぷりあるので上海に入国し夜まで市内散策をすることにしました。上海には来たことがないので興味満タン!
これがまた超楽しくてテンションマックス!



●上海トランジット
乗り継ぎ地に立ち寄ることをトランジットといいます。入国カードを記入してイミグレーションを通過しました。入国カードには滞在先(ホテル)を記入する欄がありますが、適当でもOK。空港近くのホテルの名前を書いておきました。それから観光するには現地通貨”元”が少し必要です。できればATMでサクッとキャッシングしたいのだけど、使えるATMがみあたりません。仕方なく両替所で10000円ほど元に両替したら手数料を800円もとられてしまった。

●上海空港の荷物預け
元を手にしたところで次に荷物預けです。荷物は機内持ち込みにしたため手元にあるのだけど、これを引きずって観光するのはさすがに大変だからです。事前にネットで調べておいて空港内に荷物預けがあることは確認済み。空港案内を見て荷物預け所に行ってみました。荷物の大きさと預ける時間によって値段が決まっていて、一部を先払いします。荷物はカウンター後ろの部屋の大型ロッカーに入れられ、そのカギは自分で持ち歩くことになります。荷物はセキュリティチェックを通すのだけど、なぜかこれに引っかかって後から警備員らしき人が来て荷物の中身をチェックされました。ドキドキ。でも大丈夫でした。びっくりしたよ。

↓有料の荷物預け所


●メールチェックとトラブル
ここでひとまずアイフォンでメールチェック。レンタルしたWi-Fiはインドネシア限定なので上海ではソフトバンクの国際パケ放題を利用(1日最大1980円)。空港の無料WiFIはうまく拾えませんでした。着信していたメールを見てひとつあわてたことがありました。出発直前に予約リクエストしたスパエステが、予約はとれるそうなのだけど、料金が$105と書いてあったのに改定があって$160になったとのこと。さすがにちょっとそれだと割高な内容なので急きょキャンセルリクエストをすると同時に他のプランの予約リクエストをメールでだしました。そんなこんなで上海空港で1時間くらいタイムロス。でも逆に旅をしながら旅の手配ができるのも便利な時代になったものです。いいのか悪いのか微妙ですが。

●上海市内への移動「リニアモーターカー!」
もろもろ事務的な行程が終わったのでさっそく上海市内へ移動します。移動方法はいくつかあるのだけど、迷わず選んだ手段は「リニアモーターカー!」。上海では世界で唯一定期運航しているのですから乗らない手はありません。新幹線よりも早い時速431キロで30キロ離れた市内へ約8分。

案内に従って進むと迷わず乗り場に到着しました。窓口で往復チケットを買って改札を通りすでに到着していたリニアモーターカーに乗り込みます。かなりスムーズです。


写真左:往復チケットと元現金。/ 写真右:リニアモーターカー乗車!/写真下:車内




乗車するとすぐに出発しました。徐々にスピードが上がります。ワクワクしながらスピードメーターをガン見すること3分、4分、5分・・・・メーターは時速300キロで止まったまま。。。。駅に到着しました。あれれ。

地球の歩き方には「運航の時間帯によっては最高速度で走っていません」とあったので、それか。ちょっと残念。でも充分早かった!
ドーム型の駅はきれいで広くて近代的。



↓駅に滑り込んでくるリニアモーターカー。




「ん?!」

リニアモーターカー、よく見ると、

フロントガラスが割れています。



さすがチャイナクオリティ w。




先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ