ヨーロッパ湖畔の町を巡る旅【GW2人旅】


先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

ヴェネチア到着と海の幸ディナー

5月1日
ローマを出発し飛ぶこと1時間強、ヴェネチアのマルコポーロ空港に到着したのは17時過ぎでした。小さな空港だったのでスムーズに出口へ。
空港とヴェネチアの街は離れており、移動手段はバスか船。バスのほうが早くて安いのだけれど、船のほうが旅情があるよな〜と迷った。時刻表を見ると17:15発の船に間に合いそうだ。ということで船に決定。チケットを買って急ぎ足で乗り場に向かった。空港から乗り場までは案内がありすぐに分かったが、意外と距離がありほんとうに出発ギリギリ飛び乗った。

船は中心から乗り込み船室は前後に分かれる。案内されるまま後部船室に入る。真ん中に通路があり両側に3席並ぶ。がらがらで好きなところに座れた。

窓から外に目をやると遠くに赤い屋根の集まるヴェニスの街が見える。
海上にもちゃんと道があるようで交通標識もあった。面白いね。

船は何度か停留所にとまりながらゆっくりゆっくりと進む。ヴェニスの街はもう目の前に見えているのに、ちょっとじれったい。船は最初は楽しかったのだけど、飽きてしまって後半はウトウトしてしまった。旅情もへったくりもなかった。。。やっぱりバスにすれば良かった。
船は1時間に1本くらいで所要時間1時間強、片道15ユーロ。バスなら30分3ユーロ。結論、空港から船ラインはヒマでセレブな旅行客の乗り物である。
サンマルコ広場で降りるつもりが、あまりに飽きてしまったので一つ手前で下船した。やっとヴェニスの街に到着である。ヴェニスの街は人が多く賑わっていた。潮風が少し肌寒い。船乗り場をでるとウエディングドレスを着た女性が目に入った。ウエディングフォト撮影中のようだ。あいにくの天気で残念なことである。

船移動に飽き疲れ、天気は今にも雨が降りそうで、気候も寒い。
せっかくあこがれのヴェニスへ来たというのに、なんだか低目なテンションでまずはホテルを目指します。船着場から5分も歩いたところにサンマルコ広場を抜けて(有名スポットだけど、とりあえずぐるりと見回した程度)、地図を片手に入り組んだ路地を進む。細く迷路のような路地はたくさんの観光客でごった返し、大きなキャリーをもっての移動は楽ではない。人にぶつからないよう気を使いながら歩いているととうとう雨が降り出した。急ごう。
今夜のホテルアルヴァゴンの入口はとてもわかりにくかった。一度通り過ぎてしまい、道を引き返してやっと小さな看板を見つけた。ここだったのか。
▼正面の白い建物がホテル。真ん中の小さなドアが入口でした(この写真は翌日撮影したもの)


無事にチェックイン。ひとまず休憩です。ツカレター。(ホテルアルヴァゴンレポートはこちら

時間は20時。夕食どうしようか会議。
さっきこのホテルに併設されているレストランに迷い込んだが、運河沿いの良い感じのレストランだった。時間も時間だし天気も良くないから近場で済ましたいということもあり、そのレストランに向かいました。

■レストラン アルヴァゴンでの夕食
お店は空いていて運河沿いのテラス席に座りました。ちょっと肌寒いけど、ヴェネチアらしい景観を眺めながらの夕食なんて素敵。20時でやっと夕暮れ時な感じなので景色もよく見れます。
ヴェネチアの料理は海の幸がメジャーらしい。ということで、メニュー表と格闘しつつ(アイフォンで単語を翻訳してなんとか解読)注文したのは「イカ墨スパゲッティ」と「アサリのワイン蒸し」「サーモングリル」そして白ワイン。


おいしくいただいていると、ふと、メローな音楽が流れてきました。どこかで路上ミュージシャンが奏でているようです。

おいしい料理とお酒、音楽と、しっとりとした古都の景観。
人生最良の時間。



ローマ観光と飛行機移動とヴェニスでの夕食。盛り沢山な一日が終わろうとしています。

明日はいよいよ国境を越えてスロヴェニアへ入ります。



先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ



Content:
MAP:

より大きな地図で 2012GW を表示
ヴェネト州

ヴェネチアのキーワード:
◎運河
◎水の都
◎ゴンドラ
◎仮面

スケジュール

13:00
14:00
15:00
16:00 ローマ出発
17:00 ヴェニス空港到着/船で移動
18:00 ヴェニス街到着/ホテルに移動・チェック
イン
19:00 しばらく休憩
20:00 ホテルのレストランで夕食
21:00
2200 部屋に戻る
23:00
はみ出し写真

タラップを降りてバスで移動

ヴェニスの町まであと少し

サンマルコ広場。お天気が残念な感じで雨が降り出しました

本日のお宿アルヴァゴン。2つ星だけどベッドだけゴージャス風!

ある民家の洗濯物。運河の町ではなかなか乾かなそうだね

宿の近くのスムージー屋。生フルーツでスムージーを作ってくれます。夕食の後に立ち寄り。

部屋の窓からの景色。街灯がポツリと灯りしずかな夜。