ヨーロッパ湖畔の町を巡る旅【GW2人旅】

旅の計画と航空券の手配


●next Trip 2012
アメリカの旅から戻ったばかりの2012年1月、旅の余韻に浸りながら旅サイトを更新しつつ、私の頭はもう既に次の旅を考えていた。
「ゴールデンウィークのPEX航空券を抑えるなら今だよなぁ」
行きたいところはたくさんあるけど、やっぱり大好きなヨーロッパ方面に気持ちは傾く。5月のヨーロッパは日が長くベストシーズンでもあることが後押しする。昨年、震災の影響でキャンセルした「豪華客船の旅」をできればリベンジしたいという思いもある。
そんなことを考えながら航空券を検索していると、穴場の出発/帰国日を見つけた。アリタリア航空だ。

●航空券の手配
2012/01/30ブログ記
今年のゴールデンウィークヨーロッパ行きPEX航空券は、アリタリア航空利用の4/30日出発、5/7現地発が安い。(東京発/イタリア国内行き他限定都市)
航空券の価格はものすごい流動的に変わるので昨日今日の価格です。
他社の格安PEX相場は、中国系でさえ約13〜17万円の中、アリタリアは11万円代(上記日程限定)という航空券をだしていました。欧州系航空会社でこれは安い。(いずれもサーチャージ込の価格)。
中国系といえば実はちょっと前まで「中国東方航空」がGWのヨーロッパ行きチケットを10万円切る値段で出していたのでさすがに迷った。でもいくら安くても中国系は先のアメリカ旅でいろいろとあったのであまり気が進まないのだ。機内食がいまいちとか、座席にモニターがないとかはトレードオフだし我慢できるが一番困るのは遅延。中国系はお国柄なのかとにかく時間通りに動かない。
でも迷っているうちに12万に値上がってしまった。
そんなかんじにとにかく価格は毎日といっていいほど変わるので、買うタイミングは重要。

昨年は欧州系スカンジナビア航空のヨーロッパ行き(デンマーク経由ミラノ)のPEXが1月下旬に手配した時点では最安値で13万円でした。日程を後ろにずらし5/2発にしたにも関わらずあまり安いチケットは見つからずにこの航空券で手を打ちました。
今回みつけたこのアリタリアならば、4/30発という一般的に高くなる出発日にもかかわらず昨年より安く済む。帰国は5/8の早朝なのでちょっと無理して8日はそのまま出勤すれば有給休暇は+3(5/1.5/2.5/7)で済むますことも。

2012年GWカレンダー
4月23日 4月24日 4月25日 4月26日 4月27日 4月28日 4月29日
4月30日 5月1日 5月2日 5月3日 5月4日 5月5日 5月6日
5月7日 5月8日 5月9日 5月10日 5月11日 5月12日 5月13日

目的地がイタリアじゃなくても、とりあえずヨーロッパに入ってしまえば安い移動方法はいくらでもある。電車やバスでもいいけれど、LCC(格安航空会社)をうまく利用すれば数千円で大きく移動することも可能。現地発着航空券の検索は「スカイスキャナー」、これ最強。スカイスキャナーのPCサイトは負荷が大きいのかよく固まるのでアイフォンアプリのほうが便利。

アリタリアを使った同じ日程のプラハ行きやフランクフルト行きは13万になってしまうけれど、ブダペストやパリ行きは11万円代だったので、イタリア国外でもこの料金が適用になる都市もまだありそう。

アリタリア航空のGWチケット料金:1/30時 公式サイトより3日オプション表示
成田〜ミラノの場合。一番安い分岐点は4/30出発5/8現地発などの114210円
ちなみにローマ経由便。ミラノ直行便だと若干高くなる。


航空券の手配は最近もっぱらExpediaかトルノスが多いのですが(発券手数料が無料だから)、トルノスではこのアリタリアのチケットを取り扱っていなかったので(ちょっと不満)Expediaにて手配。
ところで余談ですがExpediaでの航空券手配にはさらに安く買うコツがあります。ここのメインサービスは「ホテル予約」なので、航空券とホテルのセット販売も行っています。このセット販売をダイナミックツアーと呼ぶのだけど、「セット販売割引」があるのだ。滞在中のすべてのホテルを予約する必要はなく初日1日だけのホテルだけ予約する、ということも可能。
*選んだホテルによっては割引がない場合もあるのであしからず。

航空券はアリタリア公式サイトからも購入可能ですが、公式サイトではキャンセル・変更など航空券の条件がわかりにくかった。日本語ページがあるのはよいけれど、もうちょっと丁寧に作ってほしいなぁ。

関連リンク:
エクスペディア
トルノス
アリタリア航空公式サイト



先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ



Content:
目次:INDEX▼