2006 ドイツ&ベネルクス>>>旅コラム


コラム-ベルギーアントワープ駅

ベルギーのアントワープは「フランダースの犬」の舞台となった街です。
不思議なことに、現地では「フランダースの犬」は日本ほどメジャーじゃなかったらしいです。しかし、あまりにたくさんの日本人観光客がフランダースの犬目当てに訪れることによって、今ではだいぶ浸透したようです。
アントワープはブリュッセルからアムステルダムに向かう途中にあるので興味からちょっと立ち寄りました。あまり時間がとれず駅のみの観光となりましたがその駅の立派なこと!びっくりしました。

アントワープ駅に到着

駅舎は大変立派でした。天井が高く広々とした空間。まわりをきょろきょろしながらホテルのロビーのような階段をおりました。

アントワープ駅外観(一部)
カメラに入りきらず。

ちなみに、アントワープ駅はもうひとつ「ANTWERPEN-BERCHEN」という駅がありますので間違えないようにしましょう。

私は間違えました(-_-;)

特急列車などは比較的こちらに止まることが多いそうです。

ANTWERPEN-BERCHEN駅はアントワープ駅に比べると質素でした。
しかし、駅構内に小さなマーケットがあり、乗換え待ちで時間があったのでここでベルギーのお土産などいろいろ買い込めました。

アントワープを出ればもうすぐそこはオランダです。



+