2006 ドイツ&ベネルクス>>>旅コラム


コラム-機内食

乗り継ぎ便のため、全4回のフライトで6回の機内食が出ました。チャイナエアライン機内食の記録です。

東京→台北間ででた食事。通常メインディっシュは2種類からえらべ、このときは「シーフード麺」を選んだ。緑色の平パスタでした。ほか、コールドミールとフルーツ、パン、バター、和菓子。
台北→フランクフルト間で出た最初の食事。メインは2種類のうちフィッシュを選んだ。白身魚にクリームがかかっていて、にんじん、ジャガイモフライ等の付け合せ。それにコールドミールとパンとバター、クラッカー、ケーキ。
台北→フランクフルト間で出た2回目の食事。朝食にあたるので軽食。2種類から「チャイナライス」を選んだらつまりおかゆだった。胃がもたれぎみだったので美味しくいただけました♪ほかコールドミールとゆで卵と台湾のお菓子。このお菓子が美味しかった。
帰国便のフランクフルト→台北間での最初の食事。ポークを選んだ。付け合せはチャーハンとブロコリー。味が濃くてあまり食べられなかった。。それにコールドミールとフルーツとフルーツケーキとパンとバター、クラッカー。
帰国便のフランクフルト→台北間での2度目の食事。ポークかビーフかでビーフを選んだ。ほか、サラダ、ロールケーキ、パン&バターなど。
帰国便の台北→東京間ででた食事。メインはまたポークを選んだ(もう一つはシーフードパスタだったが、空港でシーフード麺を食べてたので)それにコールドミール、オレンジジュース、プティング、パン&バター、お菓子。

アジア系の会社ということで全般的に食べやすいメニューでした。胃がもたれないようできるだけ軽めの方を選びました。付け合せのライスは日本のお米と違ってあまり美味しくなかったです。とはいえ、格安でチケットを買っているのであまりえらそうなことを言ってはバチがあたりますね(^-^;)だた、飛行機に乗ってしまえば誰がいくらでチケットを購入したかは分からないし乗客へのサービスは一律です。

 


+