アメリカドライブ 女一人旅

旅の準備



旅は出発前から始まっています。旅の計画を立てたり、手配をしたり、構想をねっている時って実は1番楽しい時かもしれません。

●チケット探し

IACEとWASとJTBにしぼりこむ。ベガスから入るかロス入りするかでぎりぎりまで悩んだ。結局、JTBの出していたロス直行便31000円の値段につられて、ロス入りに決定。ロス入りチケットは今回JTBが断トツ安く出していた。ベガス行きチケットは大韓利用ロス乗り換えで45000円前後とどこも値段に大きな違いはなかった。チケット申し込むまで航空会社は教えてくれなかったけれどこれは良くあること。たぶん大韓だろうと思っていたのに、以外、シンガポール航空だった。当時の相場からすると6万近くしていたチケットなので驚いた。購入したのが出発日の1週間前。緊急発給手数料(出発直前の航空券手配)もJTBはなかったので良心的。ほかの2社は2000円程度とるらしかった。

●レンタカー

24歳の私。年齢制限が大きな壁となった。25歳以下だと「借りられないか、高額な追加料金が発生」してしまうのだ。最終的に大手のダラーか中小のサクラレンタカーに絞り込んだ。サクラは良心的な値段だったが、初めてのドライブは大手で借りたほうがサポートなどの面で安心であると思い、ダラーに決めた。申し込んだのが遅くなってしまい、日本の予約代理店(京橋)までクーポンの受け取りと支払いに出向いた。出発日前日のことだった。クーポンは“らくらくプラン”という、保険フルカバーで何から何まで込まれている一番無難なものを選んだ。このクーポンがウィークリーで約38000円(309$)で、年齢請願の追加料金が120$現地でプラスされる。航空券より高くついてしまう大きな出費だ。

●宿

初日の宿のみインターネットから予約をした。空港近く、無難にチェーン系のモーテル「DAYSINN」ロングビーチ店にきめた。

●パッキング

ドライブの旅ということでスーツケースは無用、前回使ったキャリーバックは壊れてしまっているので、大きいスポーツバックで間に合わせた。空港までの持ち運びのみ我慢すればこれで十分だろうと考えた。荷物は少ないにこしたことはない。本当に必要最低限のパッキングにした。車にステレオがついていることをきたいしてカセットをいくつか入れた。

●国際免許

5月2日、大宮ソニックにて取得。手続きは簡単なものだった。2650円で1年間有効。取得に必要なものはパスポートと日本の運転免許と写真。即日に発行される。

●ガイドブック/地図

事前に購入したのは、地球の歩き方「アメリカドライブ」「国公立公園」 JTB刊行「アメリカ西海岸」ランドマクナリー社「カリフォルニア州ロードマップ」

●両替

出発日前日に銀行で400$キャッシュを購入した。レートは1$=125円。高いなぁ。

●ネットの有効活用

チケット探しから、現地のトラベル情報、ホテル検索など、フルに利用した。新しいこころみで、ヤフーのアメリカ版を利用して、ホテルを検索し、各ホテルのサイトや予約センターなどからホテルの予約をした。国公立公園も充実したサイトをもっており、詳細なPFDのマップなども無料でダウンロードできて便利であった。

おすすめサイト(すべて英文)




先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

Content:

目次:INDContent: