アメリカドライブ 女一人旅

エピローグ編集後記

編集後記

気持ちを言葉にするのは難しい。そういう技術は持っていないし、普段文章など書かなくなったのでなおさらでした。本当はもっと私が感じたこと、思ったこと、考えたことこそ書き残したかったのに実際には事実の列挙になってしまった旅行記でした。なるべく所要時間や料金を具体的にあげることによってこれから旅を考えている方々の参考になるようつとめました。「こんな旅がこれだけの料金でできるんだよ」それを伝えることがこのHPのひとつの目的です。

初めての「アメリカ」。「初めて」なのは1人で行くのが初めてで、アメリカに行くのは2度目です。旅行記の中にもすこし書きましたが、本当に初めてアメリカに行ったのは高校3年生の時の修学旅行でした。これが私の初海外でもあり、おそらく私が海外旅行にはまるきっかけだったのではないかな。修学旅行は6泊8日でロスの主要観光名所とグランドキャニオンそしてメキシコ・ティファナをまわりました。しかし、これは今の私にとっては旅と呼べるものではなかったと思っています。ひたすらバスで連れ回され、「こっちを見ろ!あっちを見ろ」となかば強制的に引率されていたからです。

そのためかアメリカにはいままでほとんど興味を持つことが出来ませんでした。今回、アメリカに決めた理由は、航空券が安かったこと、フライト時間が短いこと、Novaでならった英語を少しためしてみたかったこと、レンタカーに挑戦することでした。社会人になってしまい、多く時間がとれない、予算があまりかけられないというのがネックとなりました。しかし円安には泣かされます。$1=125円。当時は100円をきっていたのになあ。

1人旅は今回が通算で5度目。海外もずいぶん身近なものになってしまいました。当初持っていた未知の世界に飛び込むどきどきやわくわくがだいぶ薄れてきてしまったのが悲しいところです。しかし、旅の余韻というのは帰国後にいつまでも持ち続けられ、それがまた旅のよさでもあります。日本で生活している「日常」とは異なる時間を過ごしたことで私の世界観はたしかに広がりました。

今後の旅はなにかテーマをもって行こうと考えています。行きたい候補は中近東です。それとヨーロッパでいまだ足を踏み入れていない「オランダ・ベルギー・ルクセンブルク」。来年はそのいずれかに行きたいです。舞台は再びヨーロッパへ・・・?。
(2006年ヨーロッパ旅行実現しました>>>)

最後に今回の旅にあたり、沢山の助言をしてくださったアメリカドライブのプロGutsさんをはじめ、Yahooの掲示板で助言してくださった旅の先輩方に心より感謝申し上げます。



先頭のページ 前へ 次へ ページ末尾へ

Content:
Content: